苦手だから集中力が落ちる?

何かするときに、興味があることとないことでは作業効率に大きな違いが出てきませんか?当然効率がアップするのは、興味があること。

 

集中力を高めて作業するには、苦手なことでは効率が悪くなりがちなのです。ここでは、苦手なことにも興味を持って集中力を高める方法についてアプローチしてみましょう。

 

視点を変えてみる

 

好きな仕事に就ける人は少なく、最初は好きだと思っていても取り組むうちに飽きが出てくることもあります。
そんなとき、集中力はなかなか出せないもの。

 

苦手なことはもちろんのこと、好きなことだったはずなのに集中できないとなったら落ち込みそうですね。なるべく集中力を出すには、取り組んでいることに視点を変えて見てみる方法があります。

 

繰り返し同じ作業ばかりでやる気がなくなってきたら、数を数えてみる。制限時間を設けて、時間内にどのくらいこなせるかに挑戦する。このような方法も、功を奏することがあります。

 

苦手の原因を追求する

 

物事を苦手を思うには、必ず原因があります。何となく苦手、嫌いという場合を含めて、苦手な原因を探してみましょう。どんな原因も、何かしら解消する方法があるはずです。

 

やりたくないことから逃げたいという緊張感は、集中力を低下させてしまいます。どうってことないと思えるくらいに大きく構えれば、意外に集中して作業を進めることができます。

 

完全な解消は無理でも、少しでも苦手意識をなくすように工夫すると集中しやすくなりますよ。苦手を一つずつ克服することで驚異的な能力が発揮できるようになり、超人と呼ばれるような人になれるかもしれません。