緊張すると集中力が低下する

心身が緊張状態に置かれると、集中力が低下するといいます。そんなはずはない、緊張を強いられる状況になると集中力を発揮できるという人もいるでしょう。

 

しかしそれは、適度に緊張感を持てているということになります。ここでは、緊張と集中力の関係についてお話しましょう。

 

慢性的な緊張感

 

人によっては、常に緊張感を抱かされているような心境に陥っていることもあります。ストレスに慢性的にさらされていたりすると、このような状態になりやすいです。

 

エネルギーを大量に消費するストレスは、他で使いたい分のエネルギーまで奪ってしまいます。しかも自律神経が乱れてホルモンバランスが崩れてくるので、どうにもこうにも落ち着かない、集中力など発揮できないというような状況に至るのです。

 

こんなとき、無理に集中しようと思っても逆効果になりかねません。むしろイライラしてしまう可能性が高いため、ストレス解消法を自分なりに見つけておくのが秘策です。

 

急性の緊張を解く方法

 

緊張しやすい人と緊張しにくい人がいて、時によって急に極度の緊張に襲われることもあるでしょう。そんなときは、突発的な緊張を解く方法を覚えておくのが一番です。

 

完全にリラックスできなくとも、少しでも緊張を緩和できることが集中力の回復につながります。心身をリラックスの方向に導くには、頭で考えるよりも体を動かすとよいでしょう。手足をぶらぶらさせたり、軽く体操してみるのも効果的です。

 

深呼吸するといいというのも、体を動かすことに起因しています。脳に酸素がいっていない状態は緊張を招くので、深く呼吸をしたりのびをしてみたり、水を飲むのもいいですよ。